【新機能】資料の共有先を組織単位で選べる「組織管理機能」リリース!

「社内のbellFaceユーザーの管理を各部門の責任者に任せたい…」
「資料を必要な部門にのみ共有できるようにしたい…」

そんなお声を解決するため、新たな機能として「組織管理」機能をリリースいたします。
本機能のリリースに伴い、「ユーザー管理」「資料管理」の一部仕様が変更となります。

ご注意

当機能は、IDプランご契約のお客様のみに実装される機能となります。
(※ルームプランご利用のお客様には組織管理は表示されません)

機能概要

組織管理機能とは、管理者が部署やチーム単位でユーザーを割り振り、組織ごとの管理が可能となる機能です。
ユーザーの組織間異動が発生した場合も、所属組織の付け替えが可能です。
また、これまで全体のみであった資料の共有範囲が、特定の組織に絞って共有ができるようになります。

管理画面イメージ

できるようになった事

組織管理の設定が可能に

ユーザーを管理したい単位での組織登録や削除、組織ごとに資料の共有可能範囲の設定ができます。

権限の種類に「組織管理者」が新しく追加

管理者、一般ユーザーに加え「組織管理者」という権限が新しく追加されました。
組織管理者は自分の所属組織配下に対してのみ、アカウントの追加/停止、権限変更を行うことができます。
※権限についての詳細はこちらをご確認下さい

組織ごとにユーザーの管理ができるように

管理者/組織管理者は、登録した組織にユーザーを割り振ることができます。

資料管理・共有が組織ごとに設定できるように

資料の共有を組織単位で選択することができます。

使用方法

組織管理機能

組織の登録

・組織は10階層まで作成することができます。
・並列で作成できる組織の上限数は200件となります。

1. 基本設定:組織名の変更や作成した組織の親組織を設定できます。
2. ユーザー管理:ユーザ管理に遷移し自組織配下に所属する
   ユーザーの追加や閲覧ができます。
3. 機能設定:資料管理に保存した資料の共有可能範囲を設定できます。
4. 組織追加:新たに組織を追加できます。管理者のみが一括登録可能です。

ユーザー管理

1. 一覧にする組織を選択できます。
2. ユーザー名または、メールアドレスでユーザーを検索することができます。
3. ユーザーが所属する組織を変更できます。
4. 「管理者」「組織管理者」権限を付与することができます。

 

資料管理機能

・組織管理で設定された共有可能な範囲を組織単位で選択できます。
・自身が所属する組織を除いて共有することもできます。その場合、自身と選択した組織のみ閲覧できます。

 

※当ページの内容にご不明点がある場合は、チャットサポートまでご連絡ください。
※本リリースノートはリリース日時点の情報となります。文章・画像内の文言が現在の仕様と異なる場合がありますので、ご了承ください。

ヘルプページで詳細を確認する

 

皆様からの率直なご意見を参考にプロダクトの完成度をより高いものへと進化させてまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。